遺品整理業者の選び方を誤ったことで後悔している人が増えています。

ほとんどの人が一生のうちに一度、多くて二度ほどしか経験しない遺品整理作業。

個人で行うにはあまりに負担の大きいこの作業を、最近では業者に依頼するのが主流になっています。

ただ、デリケートな配慮が必要なこの作業、どの業者にやらせてもいいというわけにもいきません。

故人にとっても遺族にとっても良い業者はどのように選べばよいでしょうか・・?

経験者の口コミ・紹介から

最近では故人が亡くなった病院から、葬儀社だけでなく遺品整理業者も紹介を受けることがあります。

遺族というのは、故人の死を悲しむ暇もなく、葬儀や手続きなどの作業に追われます。

そのため、つい病院の勧めるままに契約してしまうことが多いのですが、このことで「もっと費用を抑えられたかも」「もっといい内容にできたかも」と後悔することも。

実は、こうした病院の紹介には病院側に紹介業が払われていることがほとんどです。

だからといって紹介業者がよくないというわけではないのですが、とくにそこが良いから勧めてくれているわけではないことを念頭におく必要があります。

葬儀社にしろ、遺品整理業者にしろ、もっとも安全確実な業者の選び方は「経験者のクチコミ」、それもネットの口コミなどではなく実際の知り合いが一番です。

遺品整理,業者,比較,選び方

遺品整理の選び方は比較が必須

そういった知り合いの方がいない場合は自分で選ぶことになります。

あなたの予算や希望に合い、かつ故人と遺族の気持ちを尊重してくれる業者を選ぶには、料金・条件以外にも実際の肌感覚で複数業者を比べてみることが欠かせません。

また、業者の所在地によって現場まで出張するガソリン代が変わったり、ゴミ処理にかかる料金が地域ごとに異なったりということで料金にはバラツキがあるということも、複数業者の比較が必要だという理由です。

効率よく選ぶには、次のようなステップで選定します。

1.遺品整理サービスサイトを利用する

選定には、インターネットの遺品整理サービスサイトを利用しての検討がもっとも効率的です。

こうしたサービスサイトは作業場所から近い業者を自動で選定してくれるので便利です。

北海道・沖縄のように業者が少ない場所を除き、だいたいサービスサイト一つあたり、2つまたは3つの業者が紹介されます。

サイトを2つ、3つ利用すればある程度の数の業者の情報が得られるというわけです。

インターネットの遺品整理サービスサイトの選び方については記事の後のほうで書いています。

2.電話応対の品質でふるいわける

インターネットサイトで見積もりフォームを送信すると、詳細を聞くための電話がかかってきます。

遺品整理は急いでいる依頼者が多いという性質上、この電話がすぐかかってくる傾向があります。

すぐにかかってくるのは困る、という場合は見積もりフォームの特記欄に

「○時以降にお願いします」

と記入して送信すると良いでしょう。

電話には会社の体質やサービス品質が表れます。

この電話の雰囲気や回答が、訪問見積もりをする業者を選ぶ基準になります。

何軒か話していくと、あとでどの業者が良かったのかわからなくなってしまうので、しっかりメモをとります。

遺品整理,業者,比較,選び方

どのようなことを聞かれるかはだいたい決まっていますので、あらかじめ準備しておきましょう。

  1. あなたの名前、住所、連絡先電話番号など
  2. 見積もり希望の日程
  3. 遺品整理する場所の現在の状態
  4. 遺品整理を依頼するにあたっての経緯
  5. 家を売却する、その後誰かが住む、など今後の方針はどうか

すべての業者の見積もりを希望しない場合は、訪問見積もりをお願いするかは保留にしてもらって、依頼することを決めたらこちらから連絡をするということを伝えます。

見積もりには立ち合いも必要となるため面倒だとは思いますが、少なくとも3社には取ってもらいましょう。

3.訪問見積もりで見きわめる

最終的な業者選定は訪問見積もりで決めます。

訪問見積もりでの業者の見きわめかたはこちらの記事に詳しく解説しています。

遺品整理業者比較サイト、よく見ると・・

最初のステップで利用する遺品整理サービスのサイト、一見どれを選んでも同じようですが、よく見てみるとかなり差があることに気がつきます。

まず、首都圏や都市部にしか対応していないサイトがとても多いです。

日本地図が大きく表示され、
「日本全国の業者から一括検索!」
「全国何千社から一括選定」
というサイトでも、登録業者数をよくよく調べてみると40社そこそこ・・.

中には、20社しかないというサイトもあります。

全国から20社では選びようがありませんね。

こうしたところで業者を選定すると、作業現場から離れた業者の長距離出張対応になる可能性があり、そうなればもちろん料金はハネ上がります。

遺品整理,業者,比較,選び方

サイトを利用するときは、見た目の雰囲気に惑わされず、サイト内の情報や文言に注意しましょう。

登録業者・拠点を数多く持つ、つぎの2サイトなら安心です。

みんなの遺品整理

「みんなの遺品整理」はネットサービス大手のライフルが提供する遺品整理比較サイト。

遺品整理認定協会推薦の全国220社から適正な業者を提案してくれます。

こちらも電話・ネットどちらでも問い合わせが可能、しかも「しつこい営業はいたしません」と明記してあるので安心感があります。

>>「みんなの遺品整理」

遺品整理,業者,比較,選び方

ライフリセット

「ライフリセット」 は一括検索サイトではありませんが、全国に1,000以上の拠点と年間3,000件の作業実績を持つ全国規模の遺品整理サービスです。

お問い合わせフォームを送ると、地元業者ではなくライフリセット営業担当者から連絡が入るので、打ち合わせが比較的スムーズに運びます。

ウェブサイトに「現地見積・出張費用・追加費用はすべて無料」とハッキリと記載されているのが他のサイトには見られない点です。

スタッフの多さで効率を良くすることでコストを下げ、価格を抑えていることで定評がある遺品整理のプロフェッショナル。

こちらも一括検索サイトと合わせて見積もりをすると良いでしょう。

>>「ライフリセット」

悔いのない遺品整理をするために、業者は慎重に比較して選びましょう。