高齢者見守りを徹底比較!

民間の保険・共済の入院給付金を請求する方法と流れ

老親が入院した時の生命保険金の請求のしかた を、必要な書類やポイントをまじえながらわかりやすく説明しています。

保険金の請求方法と流れ

入っている保険を洗い出す

まず、親が加入している生命保険や共済で、請求できる契約を洗い出します。

親本人に聞くのはもちろん、親が忘れてしまっている保険がないかを、通帳の引き落とし記録や領収書、郵便物やクレジットカードの明細などでチェックしましょう。

 
 

年末調整の控除証明書もきていないか見てみましょう。

加入している保険がわかったら 「今回の入院・治療が保障の対象になっているか」 を、確認します。特約の内容もしっかり見ます。

「保険に加入しているかもしれない」「証券が見つからない」 といった場合は、まず保険会社のコールセンターに問い合わせてみましょう。

各保険会社のコールセンターやお問い合わせ先は、生命保険協会のホームページでわかります。

>>生命保険協会「会員会社一覧」

保険の請求は、本来は受取り人本人がすることになっています。

病状などの理由で本人ができないときは指定代理人がいれば行えますが、指定代理人はあらかじめ本人の同意が必要です。

指定代理人による請求については保険会社によって条件などがちがうため、加入している保険会社に問い合わせましょう。

保険会社に連絡する

請求できる保険がわかったら、保険会社に連絡します。

連絡するときには、保険証書保障設計書などの証券番号がすぐわかるものを用意します。

 
 

病院から受け取った領収書や手術同意書があるときは手元におきましょう。

連絡先は保険会社の担当者、営業所、コールセンターのどれでもOK。

請求するときに聞かれることは次のようなことです。すぐ答えられるようにしてから電話するとよいでしょう。

保険請求の時聞かれること
  • 電話をかけているのは誰か(本人か、家族か)
  • 住所や連絡先
  • 入院・手術を受けた人の名前
  • 保険契約番号・証券番号
  • 請求する入院・手術の原因(病気か事故か)
  • 病名
  • 入院した日
  • 退院した日
  • 手術を受けたか・受けた日
  • 手術の名前
  • 病名を本人に知らせても良いか

必要書類を送る

保険会社に連絡をすると、保険金の請求に必要な書類が届きます。

この書類に病院で記入をしてもらったり診断書を用意するなどして、指定された書類をそろえて保険会社に送り返します。

どのような書類が必要になるかはその保険会社や病気の種類によってちがいますが、 病院で書類を記入してもらったり作成してもらうと数千円の費用がかかることがあります。

保険会社によっては「領収書や診療明細書を出せばOK」「診断書はコピー可」というところもあります。 よぶんな費用をかけなくて済むよう、よく確認しましょう。

判定が通った場合、書類が保険会社に到着して1週間前後で保険金が指定の銀行口座に振り込まれます。

保険からもらったお金は基本的に非課税

 
 

基本的に、入院給付金に税金はかかりません。

実は、入院給付金や手術給付金などの給付金は金額に関わらず非課税です。

所得税法施行令第30条には、「損害保険契約に基づく保険金及び生命保険契約に基づく給付金で、身体の傷害に基因して支払を受けるもの並びに心身に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料その他の損害賠償金」(一部要約)は非課税になることが明記されています。

アクサダイレクト生命「保険お役立ちコラム」

ただし、「非課税で受け取った給付金が家族に相続された」などの場合は課税対象になります。

「?」と思ったら、保険会社の問い合わせ先や税務署に相談してみましょう。

<参考>
国税庁「保険金を受け取った時」