高齢者見守りを徹底比較!

母の日の贈り物で親孝行。アイデアと選びかたのポイント

5月の第二日曜日は母の日です。

毎年のことで「何を贈ったらいい?」と頭を悩ませますね。

形式だけのことという考え方もありますが、やはり期待しているお母さんも多いようです。

また、義理のお母さんへはとくに、きちんとなにかの形で日頃の感謝を表しておいたほうが今後の関係のうえでもよいでしょう。

喜んでくれるものなら毎年同じものを贈ってもOK。ハンカチ一枚でも嬉しいものです。

一番大切なことは、事務的にならないよう、添えるメッセージにはその年に合った心のこもった内容にすることです。

カードなどをそえられないときは、贈るときにひとことメールやLINEで感謝を伝えましょう。

手配・配送とも早めが吉

この時期の母の日むけの人気商品は早めに売り切れてしまいます。

ネット予約商品はどんどん売り切れていきますし、町のお花屋さんも予約分だけでお花がなくなることもあります。

毎年カレンダーの四月中には「母の日準備」を記入しておくと安心です。

母の日以外がおすすめ!?

配送については、実は母の日当日をはずしたほうがおすすめ。

この日は母の日当日指定の配送で業者にかなりの負担がかかるため、間違いがおこる可能性がふだんより高くなります。

できれば母の日前のゴールデンウィーク中あたりに、確実に届けてもらうほうが安心です。

また、うっかりして母の日までには間に合わない場合は”遅れてごめんねプレゼント”などの母の日商品も利用できます。

そのときは事前にひとこと「今年はちょっと遅めになったよ」など言っておくとお母さんも寂しい思いをしなくてすみます。

花を贈るとき

予算:3,000円〜

最近では花のギフトは、受け取ってすぐに飾れるアレンジ(カゴなどに飾り付けたもの)が主流でした。

最近はスタンディングブーケ(花束のまま飾れる)も人気があります。

花束はもらって嬉しいものですが、花瓶に生けるひと手間を必要としますから、忙しいお母さんにはあらかじめ飾ってあるアレンジなどを贈ると良いでしょう。

鉢植え・プリザーブドフラワー

鉢植えは生花より長持ちしますが、
「その後ずっと世話を必要とする」
「意外に場所をとる」
「枯れるとがっかりしてしまうことがある」
などのことも考慮して贈るようにしましょう。

ふだんから花柄や花のインテリアが好きなお母さんなら、永く美しさを保てるプリザーブドフラワー(加工花)も良いでしょう。

選びかた

お母さんの好きな花や好きな色をヒントに選びます。

ネットのフラワーショップでは「どんな取り合わせがあるか」「費用はいくらぐらいかかるのか」がわかり、お店で買う予定の人もネットショップを見ておくとイメージが伝える参考になります。

たくさんのタイプから比べるには、大手のフジテレビフラワーネットやイイハナ・ドットコムが便利です。

>フジテレビフラワーネット
>イイハナ・ドットコム

ちょっと変わったところでは、無印良品のサイトでもお花のギフトを贈ることができます。

>無印良品(花・インテリアグリーン)

お花やラッピング・器が無印らしくシンプルなので、ふだん無印良品を愛用しているお母さんには喜ばれるに違いありません。

食べものを贈るとき

予算:1,000円〜

自分の好みがはっきりしているお母さんには趣味に合わないものを贈るより、形として残らない失せ物うせものの食べものを贈るのが無難です。

食べものの贈り物がうれしい理由としては、「好きなものだから」のほかに「めずらしいから」「自分ではなかなか手が出ないから」など。

鍋セットやお惣菜の贈り物だと「食事の支度がラクになるから」というのも理由に上がっています。

選びかた

もちろんお母さんの好みに合わせて選びますが、賞味期限が短すぎないか、量が多すぎないか気をつけましょう。

どれを選んで良いかわからないときは、下記にあげたような老舗や有名店のものなら間違いないでしょう。

北海道スイーツの定番「ルタオ」

「買ってきて!」と頼まれることの多い北海道土産の定番ルタオ。

ウェブサイトでは、雪のような口どけのチーズケーキや、毎日少しずつ楽しめる焼き菓子セットなどが選べます。

チーズケーキはデリケートなので解凍したら24〜48時間以内に食べないといけませんが、直径が小さく1〜2人分なのでまず問題ないでしょう。

 >小樽洋菓子舗「LeTAO」

デパ地下で人気の「アンリ・シャルパンティエ」

もとは芦屋の人気洋菓子店だった「アンリ・シャルパンティエ。

現在では三越・伊勢丹などのデパートの地下でも買えるようになりました。

一流デパートに出店しているということで、味にも品質にも安心感があります。

フィナンシェやマドレーヌは3個入り・5個入りなどから選べます。

コーヒー好きのお母さんにはぴったりのお菓子です。

>アンリ・シャルパンティエ

羊羹の「とらや」

和菓子の好きなお母さんには、「とらや」なら間違いないですね。

おいしいお茶と一緒にあげてもきっと喜んでもらえます。

「坂角総本舗」のえびせんべい・ゆかり

予算

甘いものよりおせんべいのほうがいいお母さんには、坂角の高級えびせんべい「ゆかり」がおすすめ。

「お値段が高めなので、自分では買わないけど本当は大好き」という方が多いのが坂角のゆかりです。

おつまみとしても美味しく、お酒の好きなお母さんにも満足いただけるおせんべいです。

有名料理店のお取り寄せ

美々卯

服飾雑貨を贈るとき

予算:3,000円〜

アクセサリーや服は個人の好みがあり、贈り物としては選ぶのが非常に難しいものですが、ファッションにワンポイント取り入れるものなら贈りやすいですね。

最近は日焼けや冷房対策などでストールを持ち歩く人が増えているので、実用的なおしゃれとして喜ばれます。

ストールを贈るなら、使い回ししやすいベーシックな色で素材の良いものがおすすめ。

これからの季節にうれしい、扇子や日傘などの暑さ対策グッズももらって嬉しいプレゼントのひとつです。

こうした服飾雑貨の場合、贈ってくれた子供とお揃いのものというのも一つのアイデア。

「息子(娘)とお揃いなんですよ」とほかの人に自慢したり、意外に喜ばれます。

そのほかのアイデア

軽くて快適なバスローブ

良質な生活用品が気になってはいても「まだ今のが使えるから」「ぜいたくだから」と遠慮しているお母さんには、この機会にプレゼントしてあげましょう。

老舗タオルブランド・内野タオルの「とっても軽いカーディガンローブ」はシニア女性におすすめのプレゼントです。

お風呂上がりに汗がひくまで、乾いたバスローブを羽織る気持ち良さを味わってもらえて、これからの季節にぴったりです。

バスタオル一枚ぶんの軽さで、扱いも乾きやすさもバツグン。ボタン留めなので前がはだけず、リラックスできます。

小さい水筒

バッグにも入る小さな水筒です。

「持ち歩きたいけれど、重いから」と諦めて出先で飲み物を買っていたお母さんに喜んでもらえる軽さと小ささ。

暖かいコーヒーやお茶を飲むときも冷めずに飲むことができるので、家で使っている方も多い便利な商品です。

色が綺麗で、口あたりが優しいものを選んであげましょう。手首が痛くて回す動作が辛いお母さんにはプッシュボタン式を。

タイガー MMJ-A361PB ステンレスボトル サハラマグ ピーチブロッサム