警備会社の高齢者見守りサービスは、高齢者を見守る人にも、遠距離介護をする人にも、大きな安心感があります。

いつでも居場所がわかる、駆けつけてもらえる。

「これで親を心配する毎日から解放された」という利用者が多いのもうなずけます。

依頼するならやはりセコムとアルソックの二大大手が駆けつけスタッフの拠点も多くて安心

ただ、それぞれメリットデメリットがあり単純に「こちらがいい!」とは言えません。

この記事では、警備会社の老人見守りサービスの中から外出時の見守りに特化したものを比較しています。

 老人の外出時見守りに求められること

老人が一人で外出するときに、

  • 体調異変やケガの時、すぐに自分で助けを呼べる
  • 必要に応じて家族が老人の現在地を把握できる

という二点を備えた仕組みがあると、家族は安心して送り出すことができます。

セコムとアルソックの外出見守りなら、この二つの条件を満たしています。

とくに位置検索は二社とも高度なGPS探索を行っており、かなり正確な現在地を把握することができます。

警備会社,老人安否確認,機能,費用

安いのは「ココセコム」

「なるべく安いほうがいい」という方には、月900円(税別)から使用できるセコムの「ココセコム」

ボタンを押すだけでガードマンの緊急駆けつけを要請できるとともに、月900円プランで一ヶ月に10回までのGPS位置検索サービスがついています。

(11回以降の位置検索は一回100円で可能)

警備会社,老人安否確認,機能,費用

駆けつけ要請の料金は一回につき一万円ですが、

「まあ、大丈夫だろうとは思うけど念のため」

という感じでお守りのように持ってもらうには月額料金の安い「ココセコム」がいいでしょう。

認知症の方の徘徊対策には、ボタンのない現在位置確認だけの「ココセコム」もあります。

*認知症の方用の「ココセコム」使用料は月500円。さらにリーズナブルになっています。

セコム公式サイトで資料請求

通話できて転倒も感知「まもるっく」

アルソックの「まもるっく」は緊急呼び出しボタンとGPS位置検索に加え、受信のみですが通話ができるようになっています。

ほかにも

  • 転倒して動けない時に自動通報する「転倒感知」
  • 徘徊防止に役立つ「エリア出入通知」
  • アルソック健康相談サービス
  • 110番・119番・118番への救急通報

など外出の見守りにさらに安心な機能がついています。

警備会社,老人安否確認,機能,費用

便利なぶん、使用料は月2,000円(税別)で「ココセコム」と比較すると高めの設定です。

ただし位置情報検索は無料、駆けつけも一回6,000円(税別)となっており、位置検索や駆けつけの利用の可能性が高い人にはこちらの方が結局は安いと感じるかもしれません。

それから「まもるっく」には機能が多いため、シンプルな「ココセコム」とくらべパソコンでの設定にも、本体側にも多少ながら操作が必要になります。

選ぶ時は機能だけでなく、使う人の状況からも検討してみましょう。

ALSOK公式サイトで資料請求

 

表で比較!「ココセコム」と「まもるっく」

警備会社,老人安否確認,機能,費用
*料金はすべて税別です

家族で使い回して便利!外出見守りシステム

外出見守りのシステムは、おじいちゃんおばあちゃんが外出していない時は同居の家族が使うこともできます。

セコムは「ココセコム」の盗難防止装置としての使い方も提案しており、自動車やバイク、大切な荷物に入れておけば、万一の盗難時に位置検索や緊急駆けつけが可能です。

「まもるっく」は遊びに行く子供に不審者対策として持たせたり、「もう帰ってきなさい」と通話で呼びかけるなどの使い方もできます。

警備会社,老人安否確認,機能,費用

対応の遅れで後悔しないために

私の父はスーパーでの買い物の帰りに路上で転倒し、頭を打ったことで脳出血を起こしました。

幸い通りかかった方が通報してくださったおかげで早めの処置を受けることができ、最悪の結果をまぬがれることができました。

人通りが少ない路地でのことだったので、もし発見が遅れたら・・・と思うとぞっとします。

あの時は対応の遅れによる後悔を残さないための対策の必要性を感じました。

資料にしかない情報も

比較のため「セコム」「アルソック」両方に資料を請求してみましたが、その後の勧誘などは全くありません。

送ってくれた資料には優待券も入っていました。

老人の外出見守りを検討される方は資料を取り寄せてみるとよいでしょう。

セコム公式サイトで資料請求

ALSOK公式サイトで資料請求

※両社とも総合カタログの請求になりますが、その中に「ココセコム」「まもるっく」も載っています。