家でも外でも安心できるのはこちら

カメラを使用する高齢者見守りシステムを、料金と内容から比較。

カメラ、いわゆるモニターカメラを使って、ご家族の様子を目で確認できる高齢者みまもりシステムを比較しています。

“イシダ夫”

カメラタイプが向く方
  • 様子を目で確認したい方
  • ひんぱんにコミュニケーションをとりたい方
  • 一人暮らしの方

カメラの高齢者みまもり比較

人気のあるモニターカメラ高齢者みまもりを比較しています。

みまもり
CUBE
SONY
MANOMA
ALSOK
アルボeye
Panasonic
スマ@ホーム
月額(円) 3,900 3,980 2,980
(Wi-fi費別途必要)
無料
(Wi-fi費別途必要)
初期費用(円) 4,700 無料 無料 13,000
(購入費用)
スマホ操作

インターネット
(Wi-Fi)必要?
不要 必要 必要 必要
Wi-Fiは付属? 不要 付属 × ×
センサー
かけつけ × ×
設置の簡単さ
コメント とにかく
設置が簡単
ネット付で
おトク
駆けつけが
安心できる
組合わせ
自由
公式
サイト
公式
サイト
公式
サイト
公式
サイト
安価なネットワークカメラを自分で購入して設置する方法もあります。
しかし、「通信方法が商品によってちがう」「品質のバラツキが大きい」などで比較が難しいことから、このサイトでは安価なカメラ購入についてはご紹介していません。
コンセントにさすだけで使える手軽さでは、「みまもりキューブ」が一番です。

“イシダ妻”

ネット回線がセットになっていて、セコムの駆けつけもあるソニーの「MANOMA」もおすすめです。

設置がかんたん「みまもりCUBE」

インターネット回線は不要で、コンセントにさすだけ。大掛かりな工事はありません。

キャンペーンを利用すればかなり安く導入でき、お試し利用もできます。

iOS(iPhone、iPad)では声かけができないので注意。

条件によっては介護保険が使える、実績のある商品です。

「みまもりCUBE」

インターネットが不要
一定の動きを登録・みまもり
お試し使用できる
費用:¥3,900/月 ・初期 ¥4,700
(各種キャンペーン割引あり)

 

公式サイト

カメラも駆けつけも。SONY「MANOMA」

ソニーの「MANOMA」シンプルプランでは、月額3,980円でインターネット通信料もコミ。

センサーで熱中症のみまもりや外部からの侵入も監視でき、緊急時にはセコムの駆けつけも要請できます。

ソニーのMANOMA
シンプルプラン

①  カメラで通話と安否確認
②  センサーで防犯効果
③  セコムが駆けつける
費用:¥3,980/月・ 初期 無料
(他のプランもあり)

 

公式サイト

インターネットが必要「アルボeye」と「スマ@ホーム」

アルソックの「アルボeye」と「スマ@ホーム」も良いシステムですが、インターネット回線が別に必要になります。

アルソック
「アルボeye」

緊急時は駆けつけ
熱中症・侵入者を防ぐ
③ 異変には家族に静止画メール 
費用:¥3,900/月 ・初期 ¥4,700
(割賦による買取式)

 

公式サイト

 

Panasonicのスマ@ホームもインターネット回線が必須ですが、必要なだけ設置機器を組み合わせて使える、便利な商品です。

自分で設置できる方、装置をたくさんつけたい人に。

Panasonic
「スマ@ホーム」

① 買取りなのでシステム費不要
熱中症・侵入者を防ぐ
③ 異変には家族に静止画送信
費用:¥0/月 ・初期 ¥13,000〜
(価格は店舗や時期により異なります)