相続税対策として、親心として、子供の名義で作った口座にお金を入れてくれている親も多いと思いますが、その貯金に贈与税が発生してしまう場合があることは、意外に知られていません。

なにか対策はあるのでしょうか。

生前贈与としての子供名義貯金

子供が生まれたら、子供の名前の通帳を作って、そこにお金を貯めていく人は多いですよね。

いただいたお年玉などをそこに入れたりしていますが、その口座に教育資金を入れている人もあると思います。

親や祖父母からもらう教育資金は税金の対象外になっているので、こちらには税金はかかりません。

しかし、子供がもっと大きくなって独立した後も、子供のためにその口座にお金を入れ続けてくれている場合があります。

また、子供に内緒で驚かせようと子供名義で作った口座に貯金をしてくれている親もいます。

自分でどんどん使って、人生を楽しんでくれればいいのに・・とも、やっぱりありがたいな、とも思いますよね。

子供名義,預金,贈与税

子供名義の預金にも贈与税がかかる?

この子供名義の預金、子供の学費などに使っているうちはいいのです。

しかし、子供が大人になってから、親や祖父母が子供名義の貯金をしてくれているときには注意が必要です。

相続税の対策として、

「生前贈与は毎年110万円までなら税金はかからない」

(これを、暦年贈与といいます。)

という制度を利用して、毎年入金してくれている親御さんも多いと思いますが、

原則、子供名義の通帳であっても、親の資金でそこに貯金がされている場合は親の財産とみなされます。

ということは、この親心のつまった貯金にも贈与税がかかることがあるのです。

しかし実際には、親が子供にその通帳を渡して「あげる」と言われたら、あなたは自分名義のお金を下ろして使うだけですよね。

親の意思が確認できなくなったとき

困るのは、その親が亡くなったり、意思疎通が難しくなったときです。

たとえそれがあなた名義の口座とはいえ、貯金し続けてくれていた年数が長かったり、教育資金として貯めてくれていたお金が余っていたりして残高が大きい場合は、税務署から

「このお金はどこからきたのか」

などというツッコミがないとは限りません。

その貯金のことを知っていて、面白くないと思う人が密告することもあるかもしれません。

それに、相続税を申告する際には、税務署から生前贈与についても聞かれますから、この貯金のことが何かの形で話に出てくることもあるかもしれません。

子供名義,預金,贈与税

そんなとき、いくらあなたが

「このお金は親が私のために貯めてくれていた」

と主張しても、

「借りていただけでは」
「名義はそうでも、親の財産では」

という疑いを持たれることもあります。

生前贈与は、もらう人だけでなく、あげた人の意思が確認できないと成立しません。

贈与契約書を作っておく

親があなたのために、せっかく貯めておいてくれていたお金に税金がかからないようにするためには、贈与契約書を作成することが必要です。

「贈与します」「贈与されます」という内容の契約書を親子間で交わすのです。

>>贈与契約書の書式例

子供名義,預金,贈与税

それにしても、知らないとドタンバでがっかりすることって本当に多いですね。

親がしてくれた子供名義の預金にまで贈与税がかかるのか・・と思いますが、たしかにここも目を光らせておかないと悪用されることもあるのかもしれませんね。

 関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています