片付けに利用する不用品回収業者は、ポイントをおさえて選べば優良な業者がわかります。

そして、一括見積もりサイトから数社から見積もりを取って比較することが大切。

ここでは、選ぶには知識がないとトラブルになったり、サービスに満足いかなかったりすることもある不用品回収についてまとめています。

不用品無料回収にご用心

無料で不用品を回収する、とうたっている業者には注意しましょう。

【無料と思って呼び止めたら、後で有料と言われた】

 「不用になった家電製品等を無料で回収する」とトラックでアナウンスしていた業者を呼び止めて、テレビの回収を依頼。家に来た業者は「回収費用は2000円かかる」と言った。「無料と言っていた」と言っても、「全て無料と言う訳ではない」と威圧的に言うので断れず、2000円を払って回収してもらった。領収書も渡されなかった。

【無料と思って頼んだら、車に積んだ後で料金を請求された】

 「こちらは無料回収車です。お困りの粗大ゴミはありませんか」と廃品回収業者が回ってきたので自転車、石、カーペットなど結構な量を出した。次々と車に積んだ後、電卓を取り出したので「えっ、有料」と驚いて言った。リサイクル料金はかかると言われ仕方なく2万500円を支払った。

【業者が回収した物が不法投棄されていた】

 「不用品回収します」と訪問され、パソコンディスプレイと自転車を渡して処分代金1500円を払った。後日、回収品が道路脇に捨て去られていた。

引用:国民生活センターHP

家族の思い出の品が山野を汚して環境を破壊しているとしたら、なんと悲しいことでしょう。

また、不法投棄の物品の中にもとの所有者のわかる情報があったりすると、あなた自身が不法投棄を疑われたり、無資格業者に依頼した責任を問われることも。

 

不用品回収を商売として行うには、『一般廃棄物収集運搬許可』という許可を受けていることが必須。

依頼する前に、この許可を受けているかもチェックしましょう。

不用品回収の見積もりは明朗か

見積もりの書類の金額算定がわかりやすいかどうかチェックしましょう。

料金の計算方法にはこれといった決まりはないため、素人の私たちにもわかりやすい、親切な見積もりを掲示してくれる業者を選びましょう。

細かい質問やツッコミにもすらすらと答えがでてくるようなら合格です。

損害賠償保険に加入しているか

不用品回収サービスは大きなものを家の中で動かすという性質上、引越しサービスのように壁や床に傷をつけたり、ほかの家財を壊したりというアクシデントが起こることも。

そんな時は、損害賠償保険に加入している会社ならそこから補償を受けることができるので、これも重要なポイントです。

電話の対応品質は良いか

見積もりでかけた電話の対応からも、その会社の姿勢や教育がわかります。

また、こちらの希望にできるだけそった対応をしてくれる業者かどうかもチェックしましょう。不用品回収,トラブル,比較

不用品回収見積もりは訪問で

電話見積もりは便利ですが、正確に内容を伝えきれないことがあります。

運搬経路の説明や荷物の状態に伝え漏れがあると回収日当日に追加料金が発生することも。

見積もりをする時は、できるだけ訪問見積もりを選びましょう。

 どうしても訪問見積もりができない場合は、どのような場合に追加料金が発生するのかを聞いておきましょう。

どちらの場合も、必ず見積書をもらいましょう。

キャンセル料を確認しておく

契約後、急な事情で引き取りをキャンセルせざるをえない場合もあります。

そういう時のキャンセル料についても確認しておきましょう。

不用品回収,トラブル,比較

よくあるトラブル

不用品回収業者のトラブルで見られるのが、積み込み後請求。

「見積もりだけで来たはずがどんどんトラックに詰め込まれ、法外な料金を請求された」

「訪問見積もりは契約しなくてもOKだったはずなのに、せっかく来たのだからという態度をされ、高い料金での契約を断りきれなかった」

「全部積み終わった後に、いろいろ理由をつけて見積もりより多い料金を請求された。」

「全部持っていく約束だったのに、売れそうなものだけ積み込んで、あとは残して去っていった」

このようなことのないよう、

  • 訪問見積もりの際は申し込み時と見積もり当日の最初に「今日は見積もりだけです」とハッキリ言う
  • 訪問見積もりは契約しなくても大丈夫ですよね、と見積もり申し込み時に確認する
  • 契約するときは必ず正式な契約書をもらう
  • キャンセル料を確認しておく
  • 回収日は積み込む前に正式な請求書・領収書をもらう

ということを行いましょう。不用品回収,トラブル,比較

不用品回収一括見積もりを利用する

「実家の片付け」「遺品整理」の需要が高まるとともに、不用品引取り業者への参入が急増しています。

きちんと処分料を払ったにもかかわらず不法投棄をされたり、法外な請求に泣かないためにも、業者選定にはめんどうでも数社の比較が欠かせません。

そのためには、数多くの業者が登録している一括比較サイトを利用しましょう。

不用品お片付け見積もり.comは全国からあなたのエリアに合わせた業者の候補が表示されるので、その中から選んで見積もりを取ることができます。

自分で依頼することに不安がある人はオペレーターに依頼を任せてもOK。

見積もりをとるだけならお金はかかりませんし、こうした作業の依頼には複数業者の比較が常識。

気軽に見積もりを取ってみましょう。

>>不用品お片付け見積もり.com