遺品処理や実家の片付けで処分に困るものはたくさんありますが、物理的に大変ではないものの心理的に処分しにくいものといえば、神棚・仏壇やお札やお守りなど思い入れのこもったものもそうですね。

ここでは、こうした品の処分方法について解説します。

神棚を処分するには

お焚き上げ

神棚を処分するにはとくに法的な決まりはなく、たとえば粗大ゴミに出したからといって罰せられるということはありませんし、普通に引き取ってもらえます。

でも、やはり今まで家族を守ってくださっていた神様には最後までお礼の気持ちをもって接したいもの。

神棚を処分するのにもっとも良いとされる方法は神社で「お焚き上げ」してもらうことです。

お焚き上げとは今までお世話になった思いのこもったものを火で燃やし、火で浄化することによって天に戻すことで、どんど焼きなどもお焚き上げの一つ。

神社でのお焚き上げでは、神棚から魂を抜く法要やご祈祷を行ってからお焚き上げするため、玉ぐし料というお金を収めます。

お焚き上げをしてもらいたい場合は玉ぐし料の金額も含め、まず最寄りの神社に相談してみましょう。

遺品整理,神棚,仏壇,お札,位牌,処分

神札だけお焚き上げしてもらう

神棚全部をお焚き上げしてもらうと金額が大きくなってしまう場合などは、神棚に収められている神札だけをお焚き上げしてもらえば神棚は処分してよいともされています。

その場合は塩で清めるなどしてから自治体の規則に従ってごみとして出しましょう。

家を解体する時や引越しをするタイミングで処分する場合は、神札はお焚き上げしてあることを告げると、他のものと一緒に処分してくれることもあります。

希望する場合は尋ねてみましょう。

仏壇を処分するには

菩提寺に相談する

ご先祖様を祀ってあるお仏壇。

仏壇を新たに置く時は「開眼法要」というものを行いますが、処分するときは「閉眼法要」というものが必要です。

これをしないと、亡くなった方が中に入ったまま仏壇を処分してしまうことになります。

仏壇の処分が必要になった時は代々お世話になっているお寺、檀家になっているお寺があればまずそちらに相談してみましょう。
(宗派により方法が異なる場合があります)

遺品整理,神棚,仏壇,お札,位牌,処分

仏具店に相談する

仏壇の場合は、仏壇仏具を販売している仏具店というところで処分も請け負っています。

閉眼供養も含めて受けてくれるところもあります。

費用はそれなりにかかるようですが、安心してお任せできそうですね。

仏壇の中をよく確認する

昔から仏壇に大事なものをしまう人がいます。

へそくりだったり、大事な書類だったり・・へその緒をしまう方もいるそうですので、処分前には仏壇の中をよく点検しましょう。

お守り、お札はどう処分する?

神棚、仏壇同様に、思いのこもったお守りやお札も処分しにくいものです。

これらの処分方法としては

  1. お焚き上げ
  2. 神社に引き取りをお願いする
  3. 古札納所

の三つがあります。

1、2は引き受けてくださる神社があればということになります。

3の場合は、伊勢神宮、明治神宮などに古札納めができる古札納所があります。
近所の神社にもあるかもしれないので、調べてみましょう。

人形の処分はご供養だけ?

人形供養

神様仏様に関係するものではありませんが、思い出のある人形も処分しにくいもの。

きちんとさようならをしたいなら、人形供養が一番でしょう。

遺品整理,神棚,仏壇,お札,位牌,処分

人形協会などのサービスも

近所の神社やお寺でお願いしてもいいですし、日本人形協会の「人形感謝代行サービス」や神社の行っている人形供養なら、宅配便で送ると供養をしてくれます。

人形感謝代行サービス

和布刈神社

いずれの場合も専門業者に頼める

お付き合いのある神社やお寺などにお願いできればありがたいですが、環境保護の観点などからお焚き上げを中止しているところも増えてきています。

また、ものによって処分をそれぞれ行うのもなかなか大変です。

そういう場合は、供養したい品も、その他の不用品もすべてひっくるめて引き受けてくれる業者にお願いするのも一つの方法です。

 関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています

最近では、Amazonからキットを購入し、お焚き上げしたいものを送るだけできちんと神社でお焚き上げをしてくれる「みんなのお焚き上げ」というサービスもあります。

由緒ある神社でしかるべき供養をしてくれるだけでなく、証明書を送ってきてくれるので、お焚き上げしたいものが少ない時はこれを利用するといいでしょう。

「みんなのお焚き上げ」についてはこちらの記事で詳しく書いています。

まとめ

  • 神棚はお焚き上げが基本
  • 仏壇は閉眼法要ののち処分
  • 各種サービスも便利
  • 一番大切なことは敬意を払うこと
  • お札やお守り、人形は神棚・仏壇と基本的に同じ

 

神棚や仏壇などの思いのこもったものは引き継いであげられればそれが一番ですが、現実にはなかなか難しいので、せめて最後に心を込めて適切な処分をしましょう。

 関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています