サービス付高齢者向け住宅・グループリビングとは何でしょうか。

「まだ要介護ではないけれど、一人で住むのはちょっと不安」

「住み替えたいけれど、自分でできることは極力自分でやりたい」

というような「要介護未満」の高齢者の住まいとして、「サ高住」こと「サービス付き高齢者向け住宅」を選ぶ人が増えています。

ここでは、自立した生活を目的とした、高齢者の住まいについて書いています。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅は「サ高住」とも呼ばれている、60歳以上の単身・夫婦を対象とした賃貸住宅のこと。

原則として、一部屋の広さが25㎡以上で、バリアフリーになっていることが施設の条件です。

基本的なサービスの内容は見守り・安否確認・生活支援。
日中はケア専門家が常駐で、食事は提供しているところがほとんどです。

サービス付高齢者向け住宅 ,グループリビング,とは

有料の老人ホームの入居には一時金の一括前払いが必要ですが、賃貸住宅であるサ高住のほとんどでは必要でなく、費用は月額10万円台のところが主流。

有料老人ホームより安いので利用しやすく、設置する側にも税金の優遇措置があるため、最近急増しています。

見守りやフォローが得られることで一人暮らしよりも心強いながらも、個室が確保されプライバシーは守られていることも人気の理由です。

グループリビング(グループハウス)とは

介護を要せず、身の回りのことは自分で行える単身の高齢者が助け合って生活する暮らしのあり方のことです。

炊事や掃除は共同で行うのが基本で、サ高住よりも規模は小さいです。

軽度の認知症の方でも生活できますが、必要になったときには介護保険の自宅介護サービスを受けられる施設も。

家庭的な雰囲気が特徴で、大きなリビングルームに集まってみんなで食事やお酒を楽しむことも、一人で個室でのんびり過ごすこともでき、寂しさを感じずにプライバシーが守られます

老人ホームではないので門限や外泊に制限はなく、よくしつけができていればペットも可能、という施設もあり、自由度が高めです。

施設によりますが、こちらは一時金を必要とする場合があります。

サービス付高齢者向け住宅 ,グループリビング,とは

コーポラティブハウスという形も

入居したい人で結成された組合が資金を出し合い、土地取得・設計・建設業者手配などの全てを行う、コーポラティブハウスという集合住宅の新しい形もあります。

建売のマンションではなく、自分たちの希望する間取りや設備からなる自由設計の集合住宅ということです。

もともとは若い人たちの間で人気がで始めた住まいの形ですが、最近ではシニアの方が「自分の終の住処は自分で作りたい」ということで、シニア世代にも注目されています。

国内にはまだ数カ所しかありませんが、国土交通省から高齢者等居住安定化推進事業のモデル事業として選定され、今後も増加する可能性があります。

サービス付高齢者向け住宅 ,グループリビング,とは

選択肢は増えています

我が国では年々、介護のために離職する人が増え、社会問題となりつつあります。

まだまだ「施設に入れるのはかわいそう」という考えが根付いている日本。

ただ、要介護の程度や個人の希望に合わせた施設が整ってくれば、そういった介護者への負担やプレッシャーはきっと減るはずです。

利用できるサービスも介護制度も目まぐるしく変わってきているとともに、利用者もすごい勢いで増加しています。

知らないと遅れをとったり損をしたりすることもあります。

サ高住にせよ、ほかの施設にせよ、「まだ早い」「まだ大丈夫」なうちに情報を集め、先に備えておくと良いでしょう。

介護施設についての情報をインターネットで提供しているライフル介護はそんなときとても便利なサイト。

全国30,000以上の施設の中から希望に合わせた施設を探してくれるだけでなく、急ぎの人にはすぐに入れる施設を探してもらえることもあります。

>>ライフル介護のサイトへ