親が入院・退院・介護が必要になったら・・あなたは、テキパキと「すべきこと」をできますか?

当たり前ですが、入院するときって突然決まるものですよね。

バタバタと手続きを済ませ、身の回りのものを持ってきてもらって・・と、入院患者の家族は大変です。

親が高齢になれば、ある日突然倒れて入院する可能性は高くなります。

そんなとき慌てないようにはどうすれば良いでしょうか。

親の入院「その日」に備えること

現金と印鑑はいつも用意

入院が決まると、いくつかの書類手続きをする必要が生じ、それには印鑑が必要になります。

いざという時あわてないように親もあなたも印鑑がすぐ使えるようにしておきます。

また、入院の際には「入院保証金」としてある程度の金額の保証金を求められます

(保証金を求めないところもありますが、一般的に5万円から30万円ぐらいです)

クレジットカードで払えるところもありますが、現金しか受けない病院もまだまだありますので、幾らかのまとまったお金を用意しておくと安心です。

入院費用・親のキャッシュカードを作る

親と自分の経済状態にもよりますが、基本的に入院費用については

「医療費はお母さんの口座から払ってもいい?」

と言っていいのではないでしょうか。

親の了解が得られたら、お金の引き出しのためにキャッシュカードが必要です。

「お金の入手金はいつも窓口でするから、カードを持っていない」

という高齢者もたくさんいますので、カードがない場合は元気なうちに親の口座のカードを作ってもらいましょう

親,入院したら,すること

入院保証人を決めておく

入院には保証金のほかに保証人を求められます。

入院保証人は医療費支払いの連帯保証人としての意味があります。

また、容体が急変したとき、本人に意識がなかったりして医療行為の説明ができないときに病院から連絡を受ける人としても必要に。

できれば、十分な支払い能力があり、病院にすぐ駆けつけられる人が望ましいです。

親が入院することになったときは誰が保証人になるかをあらかじめ決めておくと、いざという時慌てないで済みます。

入院生活に必要なものを用意しておく

パジャマなどの入院セットを常時用意しておく・・というのは出産を控えた妊婦さんのようですが、高齢者のいざという時にも役に立ちます。

親子同居している場合はともかく、別居している親が何をどこにしまっているかは意外とわからないもの。

本人に用意してもらうか、帰省した時にあなたがそっと用意して家のどこかにまとめておきましょう。

まず用意したいものは

  • パジャマ(前開き)
  • カーディガンなど(ポケット付きが便利)
  • 下着
  • 靴下
  • 洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、石けん)
  • シャンプー、くし
  • 電気シェーバー(男性)
  • スリッパまたはサンダル
  • タオル・バスタオル
  • ティッシュペーパー
  • 箸、フォーク、スプーン、マグカップ

さらにあると便利なものは

  • ストロー、水のみ器
  • メモ帳、筆記用具
  • イヤフォン、テレビカード
  • 洗濯物を入れる袋
  • 服用中の薬とおくすり手帳
  • 小銭入れ(小銭を少額)
  • 時計
  • 耳栓、アイマスク、マスク

といったところです。

 

パジャマは病院で貸してくれる場合もあるので、とりあえず一組でもいいですが、下着やタオルは多めがいいでしょう。

ひとつひとつ揃えるのが大変なら、入院セットというものもあります。

アマゾンや楽天でも買えます。

また、日頃からお薬手帳や保険証の場所もわかるようにしておきたいものです。

入院してから

クリニカル・パスで入院中の見通しを立てる

今では、入院するとまもなく「クリニカルパス」という計画書が渡す病院がほとんどです。

クリニカル・パスは治療や検査の標準的な経過を説明するための、入院中の予定をしるしたスケジュール表のようなもの。

クリニカル・パスには「入院中に受ける検査・手術の予定」「手術後のリハビリなどの治療内容」「食事・入浴などの生活の流れ」が説明されています。

手術日や退院予定日も記載されているので、今後の見通しもわかります

入院中・退院後のお世話をする家族は、このクリニカル・パスの内容をもとに今後のことを考えるとよいでしょう。

最近では驚くほど早く退院を提案されることがあります。

退院後にお世話をする人がいないときは転院や施設への一時入居などの方法がありますが、間際にあわてても希望通りになるとは限りません。

入院して親の状態が落ち着いたら、退院後のことについても考えておきましょう。

付き添いの親を休ませる

夫婦どちらかが入院した場合、付き添いのほうの親をなるべく休ませてあげましょう。

退院後は何かと付き添いの人に負担がかかるので、入院中はせめてゆっくりしてもらいたいものです。

約束や予定をキャンセルする

急な入院で気が動転してそこまで気が回らないかもしれない親の代わりに、退院しても果たせそうにない約束などがあれば、代わりにキャンセルの連絡をしてあげましょう。

親,入院したら,すること

退院後のことを考える

要支援・要介護認定の申請をする

退院後は介護が必要となりそうだと思ったら、ソーシャルワーカーなどの病院の相談窓口に相談します。

その結果、認定を受けた方がいいということなら、介護保険の要支援・要介護の申請をしましょう。

認定の審査は入院中でも受けることができ、審査の結果がでるまでには30日ほどかかるので、早めに申請するといいでしょう。

施設の情報を集める

退院後に施設への入居が必要な時は、一刻も早く施設の情報を集めましょう。

施設の情報を集めるには役所で相談したり、近所や知り合いの方に聞くのはもちろんですが、それでも空きが見つからないことの方が多いです。

例えば、インターネットの施設検索サイト「ライフル介護」 を利用すると、あなたの条件にみあう施設を、32,000件の施設から探すことができます。

「急いでいる」と相談すれば、すぐに入れる施設を探してくれます。

資金の計画や介護保険の利用についても無料で電話相談もあります。

「ちょっと聞きづらいけど、気になる・・」ということも、「ライフル介護」の相談室を介して施設に聞いてみることもできます。

「空きが出たらすぐに連絡」という最新情報も受けられるので、ぜひ利用したいサイトです。

>>施設検索サイト「ライフル介護」

親,入院したら,すること

常に先々まで見越して備えることが負担を軽減する

親が入院して、介護が必要になって・・ということは、あまり考えたいことではありません。

しかし実際にそうなってみると、物事はあまりにもバタバタと進みながらも、手続き・支払い・申請と、やるべきことは次々出てきます。

家族が入院するというのはそれだけで大きな負担です。
けれど、普段から「あまり考えたくない、現実味のないこと」でも知って、備えることで、いつか来る「その日」の負担を軽くすることができます。
 関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています