離れて暮らす親が心配なときの見守り、日常のさまざまな手続きや管理に不安がある人のための制度です。

お金の管理や手続き、介護の情報を入手する手伝い、財産の預かりなどのサービスを提供しています。

有料のサービスです。

本人ひとりでも申し込めますし、家族が申し込むこともできます。

日常生活支援事業制度とは

自分だけで契約をしたり、お金の管理に不安がある人を対象とした制度です。

この制度を利用できるのは、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者などで判断能力が十分ではないものの、契約の内容はある程度理解できる人です。

しかし、これらの診断や療育手帳がなくても、判断や意思表示がひとりでは難しい人も利用できます

どんなことを頼めるか

日常生活支援事業制度では以下のようなサービスをしています。

通帳や証書などの預かり

預かってくれるもの

年金証書、預貯金通帳、保険証書、不動産權利証書、契約書、銀行印、実印、カード類など

預かれないもの

貴金属、美術品など

入出金の手伝い

  • 介護保険サービス利用の支払い代行
  • 病院への支払い代行
  • 年金などの手当を受け取るための手続き
  • 税金、社会保険料、公共料金の支払いの手続き
  • 日用品購入の代金支払い手続き
  • 預金の出し入れ、解約の手続き

離れて暮らす親が心配 見守り

事務手続きの手伝い

  • リフォームや家屋の賃借に関する情報提供、相談
  • 役所に提出する書類手続き、またはその相談
  • 購入した商品をクーリングオフしたいときの手続き

福祉サービス利用の手伝い

  • 福祉サービス利用に関する情報の提供や相談
  • 福祉サービス利用の申し込み、契約の代行、代理
  • 入所している施設や病院に関する相談
  • 福祉サービスへの苦情解決制度の利用手続き支援

主なサービス内容はこのようになっています。

つまり、

「ヘルパーさんの頼み方がわからない」
「銀行でお金をおろしたいけれど不安」
「勧誘されて買ったもの、返したいけれどやり方がわからない」
「通帳のありかを忘れてしまうので保管に不安がある」
「請求書がいっぱいくるけれど、支払うべきか、支払ったかどうかわからない」
「冷蔵庫を買い換えたいけれど、どれにしていいかわからない」

などの自分だけでは自信がない、わからないことのお手伝いをしてくれるのが日常生活支援事業というわけですね。

離れて暮らす親が心配 見守り

こうしてみてみると、40代の私でも「手間がかかりそう」「手続きが複雑そう」と感じることばかりですから、高齢者の方にはとっても助かりますね。

また、

「人間関係の悩みなどの他人に相談しにくいことを聞いてもらう」

「家計管理が苦手な人のためにお金を計画的に使うお手伝い」

などをしてくれたり、という利用のしかたもあります。

社会福祉協議会とは何か

こうしてみると、財産や家計などのプライバシーにもかかわってくる日常生活支援事業。

その事業を行っている社会福祉協議会とは何なんだろう?と気になりますね。

社会福祉協議会は、地域の住民や福祉・保健関係者、行政機関、ボランティアにより構成されています。

全国すべての市町村とネットワークでつながっている、地域福祉を推進する公共性の高い団体です。

「社協」という呼び方で親しまれています。

離れて暮らす親が心配 見守り

どんな人が支援をしてくれるのか

支援をしてくれるのは、「専門員」「生活支援員」と呼ばれる人たち。

生活支援員になるための資格や基準は自治体により異なりますが、

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

などの資格を持っている方が多いようです。

また、介護福祉士、ケアマネジャー資格や、施設での経験の長い方などの福祉の経験や知識が豊富な方を選任している場合もあります。

自宅以外でも利用できる?

施設に入っている人や入院している人でもこの制度は利用できます。

病院の支払いや手続きなどのお手伝いをお願いできます。

日常生活支援事業の料金はいくら?

支援の相談や、支援の計画を作成してもらうのは無料です。

サービスの利用料金は地域によって違いますが、訪問一回あたり900円から1400円です。

生活保護の受給をされている方は無料です。

日常生活支援事業の手続き方法は?

日常生活支援事業の申し込みから利用までは次のようになります。

  1. もよりの社会福祉協議会に連絡します。
    連絡先がわからないときは役所に聞けば教えてくれます。
    一人でも、家族でもできます。
  2. 社会福祉協議会の人と相談して、専門員が家を訪問します。
  3. 利用者の困っていることを伝え、支援の計画を一緒に考えます。
  4. 利用者と社会福祉業議会で契約を結びます。
  5. 計画にそって支援サービスを受けます。
    *その間も相談は無料です。

日常生活支援事業とは?のまとめ

  • 契約の内容は理解できるが、生活のさまざまなことの管理に自信がない人むけのサービス
  • 頼めるのは、お金や書類の手続きや管理・保管などから、家計管理や介護サービスの情報入手などさまざま
  • 国とも連携した全国ネットワークである社会福祉協議会が提供している
  • 利用料金は自治体によるがは一回あたり平均1200円ほど

相談、計画は無料ですから、一度相談してみるといいかもしれませんね。

あまり知られていない制度ですが、利用することで高齢者の方の不安なことがひとつでも解消されればいいな、と思っています。

全国福祉協議会の提供しているパンフレットがとてもわかりやすいので、教えてあげたい人がいたら、プリントして差し上げるのもいいと思います。

>>ここが知りたい・日常生活支援事業pdf資料

 

いろいろな事情があって一緒にいられなくても、できることはあります。

離れて暮らしていても、いつも気にかけていればそれは介護であり見守りだという言葉、本当にその通りだと思います。