遺品整理業者に依頼する時の電話対応品質と、当日の見積もりでチェックしておきたいことをまとめました。

遺品整理業者に見積もりを依頼する

遺品整理を検討する時は、少なくとも3社には見積もりをしてもらい、比較しましょう。

最初の電話では、おそらく次のことを聞かれるので、あらかじめ準備しておくとスムーズに進みます。

  • あなたの名前、住所、連絡先電話番号など
  • 見積もり希望の日程
  • 遺品整理する場所の現在の状態
  • 遺品整理を依頼するにあたっての経緯
  • 家を売却する、その後誰かが住む、など今後の方針はどうか

この電話の対応は、業者の姿勢を見極めるのに大事なポイントです。

複数に見積もりを頼むとどれがどれだったかわからなくなってしまうので、電話の対応品質はどうだったかなどを業者別にメモしておきましょう。

 遺品整理業者,見積もり,選び方

遺品整理業者が見積もりに来た時チェックすること

遺品整理業者の見積もり担当者が来た時は、次のことをチェックします。

  • まず、位牌に手を合わせるか
    家を訪れた際、これがちゃんとできているかを見逃さないようにしてください。
  • 遺品整理士の資格を持っているか
    遺品整理士の資格を持っていない業者がよくないというわけではありません。
    ただ、紹介やクチコミがなく、遺品整理業者を初めて利用するときには選定するひとつの基準になります。
  • 言葉使い、身なりはきちんとしているか
  • 立会人の有無についてきちんと確認をするか
    作業当日に立会人がいる、いないはとても重要な事柄です。
    ちゃんと確認してくれる業者を選びましょう。
  • 作業の流れを順を追って説明してくれるか
    処分するものの処分方法など、いろいろ聞いてもすぐ答えられる担当者なら合格です。
  • 料金体系が明朗かつ、質問にもすぐ答えられるか
    料金の計算方法を把握しておけば、追加料金が発生した時にも納得できます。
  • 見積もり担当者本人は作業日に立ち会うか
    見積もりをした本人が作業を一緒に行う、または立ち会う業者なら安心です。
  • お焚き上げ、清掃、消臭の必要はあるか聞いてくれるか
  • 見積書、または仮見積書を発行してくれるか
    担当者の印がある見積書を出してもらいましょう。

遺品整理業者,見積もり,選び方

とにかく見積もりで大事なことは、あなたの希望をできるだけ具体的に伝えることです。

「とにかく全て処分してほしい」
「片付けのみで、掃除まではしなくていい」
「家の中から〇〇を探し出して欲しい」
「近所に知られぬように静かにやってほしい」
「賃貸住宅なので現状復帰までやってほしい」
「気持ちの整理がまだつかないので、時間がかかってでも丁寧にやってほしい」

何より、こうしたリクエストに対して
「あなたの希望にそうよう、努力してくれようとする姿勢があるか」
を見積もりの担当者の対応からよくチェックしておきましょう。


オンライン見積もりサイトが便利。でも・・

全国の遺品整理業者から見積もりができる!というサイトはいくつかあるものの、よくよく内容を検証すると、実は日本全国で数十社しか紹介していなかったりします。

県によっては一つもない、という場合も珍しくありません。

あなたの住む県内に該当業者がいない場合は自動的に他県の業者を紹介されるので、当然出張費用のぶんのコストがかかり、支払い料金に影響がでます。

サイトの見た目に惑わされず、実績と登録業者数から比較サイトの良し悪しを判断しましょう。

以下はそうした条件をクリアしたサイトの一例です。

みんなの遺品整理

「みんなの遺品整理」は介護相談大手のライフルが提供。

遺品整理認定協会推薦の全国220社から適正な業者を提案してくれます。

電話・ネットどちらでも問い合わせが可能、「しつこい営業はいたしません」と明記してあるので安心です。

>>みんなの遺品整理

ライフリセット

ライフリセットは一括検索サイトではありませんが、全国に1,000以上の拠点と年間3,000件の作業実績を持つ全国規模の遺品整理サービスです。

お問い合わせフォームを送信後に地元業者ではなくライフリセット営業担当者から連絡が入り、打ち合わせが比較的スムーズに運びます。

ウェブサイトに「現地見積・出張費用・追加費用はすべて無料」とハッキリと記載されているのが他のサイトには見られない点です。

スタッフの多さで効率を上げることでコストを下げ、価格を抑えていることで定評があるので、こちらも一括検索サイトと合わせて見積もりをすると良いでしょう。

>>【ライフリセット】