実家の片付けや遺品整理で実際に手をつける段になったら、重要書類や貴重品を探し出してまとめておきましょう。

そうすることで大事なものを誤って処分することを防げるだけではなく、費用の分担、相続分割、片付けの方向性も変わってくることがあります。

この記事では、ぜひ探し出しておきたい書類や物品についてまとめています。

遺品整理・実家片付けで出しておく書類

遺言関係

  • 遺言書
  • エンディングノート(あれば)

有価証券類

  • 預金通帳
  • 定期預金証書
  • キャッシュカード(暗証番号も)
  • 印鑑
  • 国債・株式証券
  • 土地権利書、売買契約書など不動産書類
  • その他の金融資産関係の書類
  • ゴルフ・リゾート会員権

これらの書類はダイレクトメールなどと無造作にまとめられている場合もあります。

そういったダイレクトメールはすぐ捨てずに一緒に保管して、のちほど精査してから処分しましょう。

関連:知らない間に連帯保証人・・。相続の前に確認したい「保証債務」の有無

 

遺品整理,実家の片付け,重要書類,貴重品

社会保険関係

  • 年金手帳・ねんきん定期便の書類
  • 国民健康保険証
  • 印鑑登録カード

契約書関係

  • 生命保険・損害保険などの契約書
  • 借り入れなどに関する書類
  • 賃貸契約書(賃貸住宅の場合)
  • 墓地使用契約書
  • クレジットカード
  • 携帯電話、固定電話、インターネットプロバイダ、ガス、電気、水道の契約に関する書類 

「せっかく互助会に契約していたのに、契約書が出てきたのが葬儀がすっかり済んだ後だった」

「忘れていたけれど、保険に入っていた」

ということのないようにしたいもの。

契約書は全て把握ておきましょう。

賃貸の場合、敷金をいくら入れているかなど把握するのに賃貸契約書は重要です。

介護用品をレンタルする方も多いので、その契約書があればこちらも出しておきます。

また、公共料金や電話などの契約も知らずに解約しないままだと料金がかかってしまうのでこちらもまとめておきましょう。

遺品整理,実家の片付け,重要書類,貴重品

その他

  • 貴金属・アクセサリー類
  • 手紙やはがき
  • 蔵書・古美術品など(価値がわかっているもの)

手紙やハガキはすぐに捨ててしまいがちですが、いったんまとめておいて、後でさっと目を通してから処分したほうが良いでしょう。

関連記事:実家の片付け・いきなり捨てると損かもしれない意外なものとは?

 

遺品整理,実家の片付け,重要書類,貴重品

 

鍵も、どこのかわからないものも含めて、しばらくとっておきましょう。

家の中に合う鍵がなくても、貸金庫やトランクルームなど外部の収納場所の鍵であることもあります。

重要書類の片付けと保管

こうして集めた書類は、A4サイズの封筒のふた部分をカットしたものに種類別にわけ、外側に書類の名前を書いて保管しておくと扱いやすいです。

これらをひとまとめにして管理しますが、もちろん印鑑類は別の場所に保管してください。

そのためにファイルを用意するとまたものが増えてしまいますし、確認後は処分する書類も多いのでこのような整理の仕方が良いでしょう。

片付けでトラブルにならないために

身内で共有する

これらのものを探し出すときは親が生きている場合、「片付けでなくなったりしないために」ということを、誤解のないように事前によく説明しましょう。

遺品整理として行う場合は、相続権のある方々に事前説明し、できれば立ち会ってもらうほうが
「あれがなくなった」
「黙って持ち帰ったものがあるのでは」
と後で言われたりというトラブルになりにくいでしょう。

また、「何が出てきたか」「どこに保管しておくか」を知らせてしておきましょう。

遺品整理,実家の片付け,重要書類,貴重品

 

個人情報は処分する

個人的なもの、かつ処分したほうが良さそうだと判断したものは普通ゴミに出さずに、焼却するかシュレッダーで処分しましょう。

「実家の片付けも遺品整理も、まず重要書類と貴重品からを探し出すこと」とおぼえておいてください。