身内のどなたが亡くったときの「形見分け」の仕方にもマナーがあり、きちんと行わないとトラブルにもなります。

この「形見分け」、聞いたことはあるけれど実際にどんなことかよくわからないという方は多いのでは。

形見分けは、ただ故人のもちものをなんとなく周りの方に差し上げるのではありません。

知らないとトラブルになったり失礼になったりすることもある形見分けについて解説します。

形見分けの意味とは

形見分けとは、故人の思い出の品を、故人にゆかりのあった方々で分けること。

そのものを持っていることで、故人の思い出を忘れずにいてもらう、つまり、

「『さしあげる』というよりは、『持っていてもらうことで供養する』」という意味があります。

形見分け,マナー,トラブル

形見分けを行うのはいつ?

形見分けを行う時期は、

  • 仏式は四十九日
  • 神道は三十日祭または五十日祭
  • キリスト教は三十日目の昇天記念日(召天記念日)

を経過したころ行うのが一般的ですが、トラブルを避けるためには、これに加えて相続分割が完了してからの時期が良いでしょう。

形見分けの方法

上記の時期あたりで身内などの関係者がが顔を合わせる機会に故人の残した品を並べて、話し合いながらどれを持って行っていただくか決めるのが良いでしょう。

故人が生前に「私が死んだらこれはあなたにあげる」という約束をしていることもあるので、一部の人だけではしない方がいいです。

具体的な品物としては「故人の大事にしていたもの」「故人にまつわる思い出深いもの」が一般的です。

まだまだ使える実用品、装飾品、コレクション、趣味の品、美術品など。

その中から、それぞれが故人の思い出として手元においておきたいと思われるものを持って行きます。

また、そのままでは使わない着物や革製品などを別のものにリメイクしてお渡しする方もいるようです。

形見分け,マナー,トラブル

トラブルにならない形見分けのマナー

形見分けにはいくつか気をつける点があります。

目上の人にはしない

形見分けは目上の方にはお渡ししないという決まりがあります。

ただし、故人の意志による場合はこの限りではありません。

高価すぎるものはお渡ししない

高価すぎるものは相手も困惑してしまいますし、その価値が110万円以上になると贈与税の対象となります。

また、形見分けした品の間に極端に価値の差があると、渡された方々の不公平感につながります。

形見分け,マナー,トラブル

形見分けは包装しない

プレゼントではありませんので、包装はしないでお渡しするのがマナーです。

そのままでは抵抗がある時は、白い和紙や半紙にお包みする程度にとどめましょう。

形見分けを押しつけない

故人の人間関係が遺族の思っていたものと違うことはよくあることです。

どうしてもこの方に持っていていただきたい、とこちらで思っていても「結構です」と固辞されることもあるので、そんなときは押しつけないようにしましょう。

また、故人の趣味の品を興味のない人にお渡ししたり、故人の手作りの品などをお渡しする時は慎重にしましょう。

形見分けの品はきれいにしてから

形見分けの品は、なるべく綺麗な状態にしてからお渡ししましょう。

貴金属や衣類ならクリーニングして、できないものでも磨いたり拭いたりするなどして気持ちよく受け取っていただけるようにしましょう。

形見分け,マナー,トラブル

形見分けは日本ならではの風習

外国でも亡くなった方のものを引き継ぐということはありますが、故人に対する考え方が日本とは違うので、こうした供養的な意味合いはありません。

形見分けは、日本独自の風習と言えます。

形見分けによってそれぞれのものにふさわしい方々が持っていてくだされば、きっと故人も喜んでくれることでしょう。