実家の片付け、とくに台所はものが多いですね。

このブログでは実家の片付けでまず片付けるべきは動線となるところ、としています。

その次に片付けをするといいのは台所です。

台所が片付くとお茶を飲んだり食事をとったり、片付け中に一息いれるオアシス的場所になります。

実家の片付けで比較的片付けやすい

台所は「買い置き」「便利そう」または「とっておこう」でどんどんものが溜まっていることが多い場所。

しかし、思い入れのあるものはほかの場所に比べれば少なめなので、片付けやすい場所と言えます。

つまり、台所にあるものは処分しやすいものなのです。

考えすぎずに手早く仕分け

「これはまだ使えそう」

「これは高かった」

と、一つ一つ手にとって考えていると時間がかかってしまうので、処分するしないは次のような基準で決めるといいでしょう。

>>「感傷に浸らない」親の家・実家片付けをスピーディーに進めるコツ

実家の片付け,台所

食品、ストック品

まず、腐敗が心配な食品から処分を決めます。

食品は開封済みと期限切れのものはどんどん処分しましょう。

期限内であっても開封してから時間がたっていそうなものは酸化が進んでいたり、乾物などでも冷蔵庫保管していないものはダニが湧いていることもあります。

期限までにまだ余裕のあるものはあなたが「ちょうだい」と言って持って帰るか、どなたかに差し上げます。

ペーパータオルなどの食品以外のストック品も同様です。

調理器具

まだ使えるかどうかという基準ではなく、「人にあげて喜んでもらえるかどうか」という基準で仕分けます

身内のものとしてみるとまだまだ使える鍋も、他人の立場から見ればありがたくない中古のもの、とされてしまうものです。

実家の片付け,台所

でも、子供の頃から見てきた鍋やフライパンを処分するのは名残惜しいですね。

実は、私は料理好きな父が使っていたこれらを処分できずに自分の家にあった新しい鍋とフライパンを処分して、思い出の鍋を迎え入れ、引き継いで使うことにしました。

食品の廃棄には抵抗を示さなかった親でも、

「正月に親戚に雑煮をふるまった鍋」

「親子でドーナツを揚げたフライパン」

などのように親の思い入れが強く、捨てるのを嫌がる場合は無理に処分しないで保留しましょう。

新品同様の調理家電や調理器具はリサイクルショップや不用品買取などで買い取ってもらえることもあります。

食器

実用としても趣味としても、長年かけてたまった食器は気持ちの上でも作業の上でも処分がしにくいものです。

ただ、ブランド食器や骨董としての価値がないものはやはり廃棄するしか方法はないようです。

食器も、キッチンの中で親の思い入れが強く残りがちなものです。

捨てたくない気持ちが強い時は無理をしないでください。

へそくりを見落とさない

「台所は女の城」といわれてきた日本では、女性がへそくりを隠すのは男性があまり立ち入らない台所が多いそうです。

面倒でも蓋付きのものは一つ一つ開けて中を確認してから処分しましょう。

→ 実家の片付けはへそくりを見逃すな / 実録・本当にあった隠し場所集

実家の片付け,台所

親が住み続ける場合は

ここまでは実家を完全に片付ける前提で話してきました。

親が片付け後にもその家に済み続ける場合は、できるだけ使いやすい高さ、取り出しやすいなどの収納に工夫してあげましょう。

工夫するポイントとしては

  • 使う場所のそばに置く
    鍋類は火のそばに、ボウルやざるは流しのそばに、包丁は調理台のそばに、というように使う場所のそばに道具を置きます。
  • しまいこまずに見えるようにする
    しまう収納にすると場所を忘れてしまうので、見えるように置きます。
    とくに、毎日使うものはもっとも取り出しやすいところに。
    お玉やヘラはS字フックなどで吊るしてもいいですね。
  • 高いところには軽いものをしまう
    吊り戸棚など高い場所には保存容器やペーパー類のような軽いものをおけばけがをすることもありません。
    ただし、高いところといっても、せいぜい腕を伸ばすぐらいの高さ。
    踏み台を使うような場所は高齢者には危険なので空けておきましょう。
  • 低いところには重いものをしまう
    下段の収納には大皿や圧力鍋、鉢などの重いものをしまいます。

また、

「火災の原因となる、ガスレンジや換気扇の油汚れの蓄積やコンセントに溜まったホコリ」
「床がツルツルしすぎていないか」
「キッチンマットはつまづきやすくないか」
「古い調味料や油など使っていないか」

など帰省のたびにさりげなくチェックしましょう。

台所が片付いていれば食生活にもハリがでてくるので、ぜひとも実行しましょう。

   関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています
「その見守りで十分?」離れて暮らす親・一人暮らしの親を危険から守る