遺品整理業者の大まかな費用相場や、失敗しないための選び方を解説します。

「悲しみで、遺品整理する気になれない」
「自分の手で遺品整理することが不可能」
「故人の遺品を敬意を持って処分してほしい」

そんな時は遺品整理業者を利用するのが良いでしょう。

遺品整理は単なる片付けとは違う大変デリケートな作業ですから、経験豊かで遺品の扱いにたけた遺品整理業者を利用することは丸投げとは違います。

遺品整理業者の費用相場

遺品整理業者に依頼した場合のおおよその料金相場は以下のようになります。

間取り 作業人数 金額
1DK 1〜2名 4〜10万円
2DK 3名 10〜20万円
2LDK 4名 15〜25万円
3DK 3名 15〜30万円
4名 23〜35万円
5名 25〜45万円
戸建4LDK 6名 40〜60万円

遺品整理の料金には統一料金がなく地域によっても価格差があるので、これは部屋の広さにたいしての遺品の仕分けと不用品処分のみの、あくまでも平均的な相場になっています。

荷物が少ない場合は部屋の広さからではなく、遺品の個数や重量によって料金を算出します。

高くなる場合

次のような場合には、費用が高くなる傾向があります。

  • 荷物が多い
  • エレベーターがない集合住宅
  • 車までの運搬経路が長い、徒歩のみなど
  • 室内の汚れが著しい場合
  • 伝えてあった家具などが標準サイズより大きい場合
  • その他、通常の作業範囲を超えた作業が発生する場合

遺品整理業者,費用.相場,選び方

遺品整理業者の選び方

遺品整理業は近年需要が急激に伸びている市場のため、経験の少ない業者や悪徳業者が多く存在しています。

利用する時は、次のようなポイントに注意しましょう。

知り合いに聞く

周りに遺品整理業者に依頼をしたことがある人がいる場合は、その業者についての感想など聞いてみましょう。

生の声が一番ですから、その業者が良さそうならそちらにお願いしましょう。

葬儀屋・病院で紹介を受けることがありますが、こちらは仲介料が発生していることが多いのであまり当てにしないほうがいいもしれません。

遺品整理士認定協会の推薦から選ぶ

遺品整理士認定協会は資格を設け、業界全体の業務の健全化を促進している協会です。

認定協会で優良企業として登録されている業者から選ぶのも良いでしょう。

→ 遺品整理士認定協会・優良企業一覧

特殊清掃は必要かどうか

特殊清掃は行っていない業者も中にはあります。

※特殊清掃・・通常と異なる著しい汚れやにおいの清掃

見積もりに来てすぐ、「これは弊社ではできません」と言われることのないよう、特殊清掃が必要な場合は見積もりをお願いする前に対応可能かどうか尋ねましょう。

料金は適正か

何社かで比較して、安すぎる料金の業者は避けたほうが賢明です。

相応の経験や気遣いを求められるサービスは安い料金からは期待できません。

また、料金体系が明朗でなかったり、質問にすぐ答えられない場合も同様です。

遺品整理業者は複数で見積もりをとりましょう

遺品整理業者に依頼を検討する時は、必ず複数の業者、できれば3社ぐらいで見積もりを取りましょう。

また、見積もりをとったときは、見積もり担当者の名前の入った見積書をもらっておきましょう。

遺品整理業者,費用.相場,選び方

遺品整理見積もりの立会いは

見積もりの際に業者があやまって大事なものを壊してしまったり、金品を発見することがあります。

見積もりの際には極力立会いをしましょう。

また、立会いは複数の人数が望ましいです。

遺族は、悲しみで頭がいっぱいの状態では冷静な判断ができにくくなっていますから、友人など信頼のおける方に立会いをしてもらうのがベターです。

遺品整理に詳しいという方はそういないと思いますが、業者との会話の中でその会社の姿勢やポリシーは見えてくるものです。

第三者にお願いできない時は、「遺品整理立会代行」というサービスに依頼するのも一つの方法です。

法律事務所で「遺品整理立会代行」を実施しているところもあり、相続に関する相談と合わせて受けてくれる場合もあります。

   関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています
最初の電話からチェック!見積もりでわかる優良な遺品整理業者の選び方