遺品整理を業者に依頼する方が増えています。

悔いを残さず、心身ともに負担をかけない遺品整理には、プロの手を借りることをお勧めします。

遺品整理業者を利用するメリットについてまとめました。

精神的負担が軽減される

身内の死は突然やってきます。

悲しい気持ちの中、葬儀や火葬・納骨の手配、役所や相続の手続きなどで遺族は慣れない作業に忙殺されます。

このように慌ただしい日々が終わったあとに待っている、遺品整理。

生前の故人を思い出させる品々を処分することは辛く、ときには罪悪感さえ感じてしまうこの作業を自分たちだけで進めることはとても大変なことです。

遺品整理業者は産廃業者や不用品引取業者とは違います。

遺族の意向にそった方法で、残されたものの一つ一つを”遺品”として取り扱います

不用品買取業者やリサイクルショップの場合は、普通のトラックに外から丸見えで運搬というのが普通だったりします。

でも遺品整理業者はそうした扱いを嫌う遺族の気持ちも熟知しているので、廃棄することがわかっているものでも、きちんと包んで箱型のトラックで丁重に運んでくれるなどの配慮があります。
(*すべての業者がそうというわけではありませんので、このような対応を希望する時は見積もり時に確認してください)

経験ある遺品整理のプロの手を借りることで、こうした遺族の精神的な負担はかなり軽減されます

遺品整理業者,依頼,メリット

 

肉体的負担が軽減される

引越しと同等か、それ以上の作業量にもなる遺品整理作業。

家具は処分するケースがほとんどです。

それ以外にもたくさんの本や衣類、生活雑貨など・・・。

人ひとりの人生に関わってきたものの数は膨大なものです。

これらをすべて処分するには、それぞれ決められた処分方法において、分別、袋詰め、運搬しなくてはなりません。

さらに、遠方まで通う場合はかかる時間も費用もかかります。

遺品整理業者はプロですから、短時間のうちにこれらを適切に処分してくれます。

遺品整理業者,依頼,メリット

ものの仕分けがスムーズに運ぶ

とっておくもの、処分するもの、しばらく保留しておくもの・・。

もちろん、その仕分けはあなたが決めることができますが、それもまた決めるのが難しく、時間がかかったり、後悔したり。

遺品整理業者は仕分けの相談にも乗ってくれます

また、「遠方なので立ち会えない」「辛いので全てお任せしたい」という場合には、経験上とっておいた方が良いものを判断してくれるので、仕分け自体をお任せすることもできます。

貴重品を処分してしまうリスクが減る

故人が思わぬところに貴重なものをしまっていた場合、ほかのものに紛れて処分してしまうことがあります。

遺品整理を業者に依頼した場合、その経験や知識から、そうしたことを防げる確率は高くなります。

処分品を供養してくれる

「お焚き上げ」などが必要になる仏壇、神棚などの遺品の他にも、写真や衣類など故人にまつわるもの何でも、供養してからの処分をお願いできる業者がほとんどです。

供養に立ち会えない場合は、供養の様子の写真を受け取ることができるサービスもあります。

遺品整理業者,依頼,メリット

 

処分品の買取をしてくれる

遺品整理業者に依頼した場合、リサイクル品として買取が可能なものは、買い取ってくれます。

ただし、自分で個別の買取業者に出した方が買取価格は高めになる場合が多いようです。

一手間かけても高く買って欲しい場合は売却できるものはそちらの方を利用するという方法もあります。

とにかく一括でお願いしたいという場合は不用品もリサイクル品も含めて遺品整理業者にお願いすれば良いでしょう。

身内も納得する

「片付ける」「捨てる」というイメージに、拒否反応を示す方が身内にいる場合、「遺品整理をお願いする」というと納得してくれることが多いです。

また、整理の方針で意見が合わない時でも、第三者のプロとしての客観的意見が間に入るとトラブルにならずに解決できることも。

このようなサービスも

散骨の補助

「墓地の費用がかからない」
「しきたりに縛られたくない」
「本人が生前で希望していた」

などの理由で、散骨を選ぶ方が増えています。

遺品整理業者の中には、海洋散骨のサポートを行っているところもあります。

各種手続きの相談

相続、不動産売却、行政手続き等のさまざまな手続きの相談を受けたり、代行してくれるサービスを行っている遺品整理業者もあります。

また、意外と手間のかかる個人の残した車やバイクなどの名義変更・廃車手続きにも対応してくれます。

   関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています

遺品整理は「面倒な片付け」ではない

遺品整理は決して「厄介で面倒な片付け」ではありません。

残された人は故人への想いと、故人の生きた人生を整理する大切な時間です。

ですが、人ひとりがその生活で残したものを、残された方が自分たちだけで整理・処分するのはとても大変なことです。

経験ある業者の手を借りて悔いのないように最良の形で遺品整理を行うことができれば、そのあとの人生に残る良い思い出の時間となることでしょうし、故人の供養にもなるでしょう。

 関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています