亡くなった親の家の遺品整理に何年も時間がかかった

「遺品整理が長期化し、体をこわした」

「一人でやったら滅入ってしまって、中断したまま」」

遺品整理にはこういった話をよく聞きます。

なぜ、自分で行う遺品整理には時間がかかると言われているのでしょうか。

遺品整理に時間がかかる理由

引越しや片付けと遺品整理の大きな違いといえば、「遺品整理は故人の思い出を整理し、見送りをする作業」ということ。

では、なぜ遺品整理には時間がかかるのかといえば、理由は大きく分けて二つ。それは、

○ とにかく物が多い

○ 取捨の判断をしてくれる人がいない

ということです。

 

遺品整理時間

 

基本的に物を移動する作業である片付けや引越しと違い、遺品整理は「いくらかの物を残して、あとは処分する」作業です。

当然扱う物の数はまるで違いますし、さらに高齢者は物を溜め込みがち。

高齢者の亡くなった家を片付ける時にはかなりの覚悟が必要です。

 

また、やった人でないとわからないのが「判断する人がこの世にいない」という辛さ。

これが作業を遅くするだけでなく、のちのちあなたの心に後悔を残すこともあるのです。

とにかく物が多いので時間がかかる

一人暮らしの家であっても、そこにはその人の人生が詰まっていますから、その持ち物を処分するとなると大変です。

おおかたを処分することになっているとしても、ゴミとして出すための分別や袋詰め、回収日に合わせて出すのは一仕事です。

回収には出せないような大きな物であれば不用品業者やリサイクルショップを利用することに。

こちらも業者の回収可能な日に合わせて自分のスケジュールを調整する必要が出てきます。

判断してくれる人はもういないので時間がかかる

処分する物が大量であること、物の持ち主だった人がもうこの世にはいないことが、遺品整理を片付けよりもさらに難しくします。

それだけでなく、「あれを処分してよかったのだろうか」「ちゃんと供養するべきだった」という後悔の念がずっと消えないという人も珍しくありません。

遺品整理時間

物のありかがわからない

「まずは金品などを出しておこう」「あのネックレスがあったはず」などと思っても、時々しか訪れなかった実家や親戚の家のことは分からないのが普通です。

「どこかにあるはず」と探しながらの片付けは、パッパッと作業できないので時間がかかります。

故人にとっての重要度がわからない

故人が大事にしていたものならとっておいてあげたい、と誰しも思うもの。

しかし、自分以外の人が大事にしているものが何なのか、それが親であっても分からないものです。

これもまた取捨選択を迷わせることの一つです。

物の価値がわからない

骨董や美術品などが出てきた時、故人であればその価値をよくわかっていたでしょうが、今となってはどうにもなりません。

供養する物の判断

仏壇や神棚などはお焚き上げをしてから処分しますが、なんとなく処分しにくい写真や人形、日記帳などの処分にも戸惑います。

遺品整理業者の利用も検討してみる

残された家族で故人の思い出話をしながら遺品整理をすることができれば、それはとても素敵なことです。

しかし、誰もがそのような状況におかれているわけではありません。

 

「忙しい日々をぬって遠方から実家に通わなければならない

「自分ひとりで全部やらなければならない」

「体力に自信がない」

 

などの事情を抱えている方もたくさんいます。

 

そのような時は、遺品整理を専門に扱うサービスを利用するのも一つの方法です。

 

遺品整理をサービス業者に依頼した場合、自分ですべて行うのに比べればその費用は高価に感じるかもしれません。

しかし、

  • スピーディーに作業が終わる
  • 一つ一つを丁重に扱ってくれる
  • 取捨の判断をプロの目でアドバイスしてくれる
  • 価値があるものは下取りの査定をしてくれる
  • 探して欲しいものを見つけるリクエストにも応じてくれる
  • たくさんのものを一緒に供養してくれる

という遺品整理に特化したプロならではのサービスを受けたことで、悔いのない思い出の整理ができただけでなく、遺品整理そのものが良い思い出となったという方もいます。

 

あなたの心だけでなく、体の負担を軽くすることで得られるものがあることも間違いありませんので、遺品整理にはプロのサービスを検討してみる価値はあります。

遺品業者の選び方・比較や見積もりのポイントはこちらの記事で詳しく解説しています。
>> 遺品整理業者の失敗しない選び方。比較で優良業者を選ぶポイントは?

遺品整理にはなぜ時間がかかるのかについての記事でした。