遺品整理で車やバイクを処分することもありますが、持ち主が亡くなった時のこれらの処分は、通常の引き継ぎや廃車より手続きが多くなります

この記事では、その方法と必要書類などについてまとめています。

車・バイクを遺品整理するときの必要書類

車の場合

まず、この車を誰かが引き継ぐのか、譲渡するのか、廃車処分にするのかを決めます。

そして、どのようにするにせよ、まず相続の手続きを行います

人が亡くなった時、車はいったん相続の権利のある人々すべての共有財産になります。

遺品整理,手続き,自動車,バイク,オートバイ

故人の車を名義変更するには故人の死亡記載のある除籍謄本

  • 相続の権利のある全員の記載がある除籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 車を引き継ぐ相続人の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書
  • 車検証車庫証明書(生前同居していて、駐車場も引き継ぐ場合は不要)

を揃え、国交省の全国運輸支局で行います。

→ 国交省HP 全国運輸支局等のご案内

ただし、これは相続の権利のある人が複数いる中の一人が車を引き継ぐときの場合です。

共有したり、相続の権利のある人以外の人に譲渡するときは手続きが複雑になるのます。

その場合は陸運局に問い合わせるか、専門の手続き代行業者にお願いする方がいいでしょう。

バイクの場合

バイクの場合は、その後どのようにするにせよ、いったん廃車の手続きが必要です。

バイクの廃車手続きに必要なものは

  • 廃車申告書
  • 標識交付証明書
  • ナンバープレート
  • 印鑑(認めでよい)

となっており、これらをナンバープレートを管轄する役所の部署に持参して行います。
(通常、125cc以下のバイクは町・村役場でできますが、それ以上になると自動車と同じく自動車登録所または運輸支局になります。)

手続きが終わると「廃車証」という書類を受け取ります。

これは、その後新たに登録しなおしたり譲渡したりするときに必要ですので大切に保管してください。

遺品整理,手続き,自動車,バイク,オートバイ

名義変更しないままだとどうなる?

ここで疑問に思うのが、

「そのまま手続きなしで乗り続けたらどうなるの?」

ということ。

故人の車やバイクをそのまま使用しても、相続の権利がある人々の間でもめているわけでなければ特に問題はありません。

ただ、いずれはしないといけない手続きです。

後延ばしにしている間に共同相続人のなかで連絡が取れなくなったり、亡くなったり、認知症になったりすると処分できなくなります。

困っているうちにその年の自動車税が課税され・・などということもあります。

車やバイクの名義変更は遺品整理の一つとして、あまり時間をおかずに済ませておくのが賢明でしょう。

遺品整理業者に遺品整理を依頼している場合は、こうした車やバイクの手続きもオプションサービスとして行ってくれるので、そちらを利用するのも一つの方法です。

→ 自分では「辛い」「できない」とき遺品整理業者を利用するメリットとは

遺品整理,手続き,自動車,バイク,オートバイ

車もバイクも業者買取なら簡単

亡くなった方のものだった車やバイクの手続きには、書類を揃えたり役所に出向いたりと時間や手間がかかります。

車もバイクも、業者に引き取りまたは買取を依頼すれば、こうした煩雑な手続きはすべて業者がやってくれます。

引き継いだり譲渡する予定がない時は初めから業者にお任せしたほうが時間や費用の節約になるでしょう。

ネットで査定している買取業者で全国対応しているサイトには、「廃車買取のカーネクスト」「バイク簡単一括査定サイト」などがあります。