故郷にあるお墓を管理できなくなってきたので、閉じること、いわゆる「墓じまい」について考えています。

いまは友人にアルバイトとしてお墓の掃除をお願いしていますが、いつまでもというわけに行かないし、子供の代まで残すことはしたくないと思っています。

お墓を閉じることを考えている方は、私以外にもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

墓じまいとは

長男が故郷の実家と墓守を引き継ぐという家族のありかたが減っている今、お墓をどうするかということで悩んでいる人が多くなっています。

空き家の問題と同じですね。

確かに、最近では霊園に行くと、長いこと誰もお参りに来ていないのだろうと思わせる荒れ放題のお墓を見る機会が以前より増えたと感じます。

墓じまい、というのは、

  • 今まつってある場所から遺骨を移し、別のお墓にお引越しすること
  • お墓を廃して、お骨を永代供養などにすること
  • お墓を廃して、散骨したり、手元供養などにすること

などの形がありますが、現在のお墓の状態から違う形の供養にするということです。

「管理しきれない・する人がいない」

「この先子供に負担をかけたくない」

などの理由で墓じまいをする人が増えています。

永代供養とは

現代の永代供養という言葉の意味は「お寺を引き継ぐ人がいない」「供養する人がいない」などで、故人の遺骨を合同墓や納骨堂に遺骨が納め、親族の代わりにお寺が供養をしていくということです。

お墓のない供養、ということですね。

永代供養は他の人たちと一緒に納められるため、後から納めたお骨を取り出すことはできないことがほとんどです。

永代供養にする時は、親戚などによく確認してからにしましょう。

永代供養の場合、費用は最初にお寺にお支払いする費用のみのため、利用する人が増えています。

永代供養はいつまで?永遠・・?

永代供養という名前に安心感がありますがやはり永遠というわけではなく、期間が決まっています。

最近では10年〜30年とするお寺が多いようですが、50年というお寺もあり、まちまち。

永代供養をお願いする時は、期間についてよくお寺に確認することが大事です。

もし、お寺じたいが廃業してしまえば供養を続けてもらうことはできません。

永代供養以外の墓じまいは?

永代供養以外の墓じまい後の遺骨の扱いかたとしては、

  • 別のお墓に移す(改葬)
  • 散骨
  • 樹木葬
  • 手元供養

などがあります。

墓じまい後もお墓での供養の形にこだわるかどうかで決まってきます。

散骨・樹木葬の人気が高まっていますが、いつもそばに置いておける手元供養を選ぶ人も増えています。

墓じまいをするには

墓じまいには、ざっと次のようなプロセスが必要になります。

  • 行政手続き(各所で許可を取る)
  • 遺骨の取り出し
  • 墓碑の解体・処分
  • 墓地を更地に戻す

書類手続きについては、何か所も回って署名をもらったり提出しに行ったりする必要があり、遠方にお墓がある人・多忙な人には大変なこと。

墓じまいには、遺骨を移す作業まですべてを請け負ってくれるサービスもあります。

墓じまいのプロは

「墓を移すことをお寺に言いにくい」

「魂抜きのお坊さんをお願いしたい」

「お骨を一時預かって欲しい」

「散骨にしたいがどうすればいいか?」

「手元供養のお骨がカビないようにするには?」

などの相談にも乗ってくれます。

墓じまいのサービスを調べてみましたが、以下の二社は料金がすっきりとわかりやすくなっています。

イオンの墓じまい

イオンが最近始めたお墓にまつわるサービス。

全国の墓じまいに対応しています。

2㎡未満      213,840円
2〜3㎡未満   235,440円
3〜4㎡未満  278,640円
4〜5㎡未満  321,840円
(税込み)

という料金になっています。

>>イオンライフサービス

ミキワの墓じまい

こちらも全国対応で墓じまいサービスを提供しているお墓のミキワ
ミキワの料金は

1㎡未満         165,000円 
1〜2㎡未満  195,000円
2〜3㎡未満  235,000円
3〜4㎡未満  265,000円
4〜5㎡未満  295,000円
        (税抜)

となっています。

お墓の大きさにより、両社で若干料金に差がありますね。

ミキワでは他社の見積もりチェックもしてくれますし、

「売り込みは一切しません」

ということなので、こちらも選択肢の一つにしたい業者です。

>>全国対応・お墓のミキワ


お墓のこと、空き家のこと、悩ましい問題ですがひとつひとつ向き合っていくしかありません。

今の生活や家族を大事にしながらできる最善の方法を探っていきましょう。