不用品回収業者と遺品整理業者の違いは何でしょうか。

亡くなった親の実家の片付けで出る大量の”もの”。

とっておきたい気持ちはありますが物理的にそうもいかないこれらのものを、有料業者に依頼することを考えたとき浮かぶのが、不用品回収と遺品整理です。

では、この二つの違いは何でしょうか。

不用品回収業者とは

その名の通り、不用品を持って行って処分してくれるサービスです。

何もかもいっしょくたに「いらないもの」として持っていくのみですので、スピーディーで安価です。

ものをごみとして出す場合には細かな分別が必要ですが、そうした手間もなく、また回収日はこちらで指定できるので、一般回収よりもずっと早くて楽です。

ただし、亡くなった方のものだけを扱っている業者ではないので、処分品を”遺品”として気を使ってくれることは期待できません。

遺品整理,不用品回収,違い

遺品整理業者とは

持ち続けられないものを引き取って処分してくれる点では不用品回収業者と同じですが、遺品整理業者は ”もの”を、「亡くなった方の遺品」として扱います。

処分するものしないものの仕分け、思わぬ金品が出てくることもある故人の家の扱いを心得ています。

遺品整理を専門に行っている業者ですから、遺族の気持ちもよくわかっており、もう処分するものとはいえいかにもゴミといった乱雑な扱いをすることはありません

遺族が見落としていた「これは処分しないほうがいいのでは」というものについても詳しいので、作業中にそういったものがあれば知らせてくれます。

仏壇や神棚などはお焚き上げをして処分してくれますし、個人の愛用品などのゴミとして処分しにくいものについては供養を行ってもらうことももちろん可能です。

また、「近所に知られぬようにひっそりとやりたい」「こういう時計があったはずだから探して欲しい」「これは特に丁寧に扱って欲しい」というようなリクエストにも応じてくれます。

オプションの場合もありますが、消臭作業を含むクリーニングも行います。

遺族の気持ちや事情に寄り添いながら、遺品としてのものの処理に特化したプロが遺品整理業者です。

遺品整理,不用品回収,違い

不用品回収、遺品整理、どちらがいいか?

では、どちらを選ぶべきか。

それは、あなたが求めるサービス内容と予算、自分でどこまでできるかのバランスで決まります。

遺品整理業者はサービスが細やかな分、費用は高めになりますが、遺族の負担は最小限に抑えることができます。

なるべくコストを抑えたいという場合は、ものの仕分けを自分で行ってから不用品回収業者に依頼するのが良いでしょう。

不用品回収業者の中には、物品の買い取りや仏壇のお焚き上げのサービスも含めて行ってくれるところもあります。

不用品回収業者にせよ、遺品整理業者にせよ、まずは見積もりをしてもらって、あなたの事情に合ったサービスを選びましょう。