しばしば耳にするようになってきた言葉、デジタル遺品とは何でしょうか?

「コンピュータに詳しくないからわからない」
「現金や宝石じゃないから放っておいていい」
「他人の目に触れるわけでないし」

はたして、それで大丈夫なのでしょうか?

デジタル遺品とは

デジタル遺品という言葉はまだ新しくハッキリとした線引きはありませんが、だいたい次のようなもののことを指します。

  • パソコン・タブレット・スマートフォン・携帯電話の機器そのもの
  • 銀行・株・FXなどのネット口座
  • 故人がネット上で結んだ契約とそのアカウント
  • このほか、広い意味では
  • 機器の中に遺された写真や、文章・イラストなどの作品
  • 送受信した電子メール
  • 故人が管理していたウェブサイト、ブログ

もデジタル遺品と呼べるでしょう。

デジタル遺品とは、一言で表すとすれば

「デジタル機器そのもの、または、デジタル環境の中でしか確認することができない故人の所有物」

ということです。

 

デジタル遺品とは

 

デジタル遺産と普通の遺品の違いは

デジタル遺品と通常の遺品の決定的な違いは、その存在を知っているのが故人だけだったとき、残された人がそれを把握するのが難しい点。

故人の資産がどれだけあったのかを知るには、書類や通帳を家じゅう探したり、弁護士に調査を依頼するという方法もあります。

デジタル遺品の場合、それを把握しているのが故人だけだと内容がつかめないどころか、消滅してしまうこともあります。

ただしその他の面で言えば、資産として価値のあるものばかりでなく、故人の遺した写真や作品、通信の記録などは故人の人柄や人生を語るものですから、大切さとしては普通の遺品と変わりありません。

放っておくとどうなる?

実体がないだけに放って置かれがちなデジタル遺品ですが、放置しておくとどのような弊害が考えられるのでしょうか。

内容が消滅する

先に述べたように、せっかくの内容がいきなり消滅してしまうということもあります。

例えば、携帯電話で撮影したまま、パソコンに取り込んだままの写真。

パソコンの中だけで保存していた日記や原稿。

紙の写真の方にも、だんだんに退色したり破れたりというリスクがあります。

しかし、デジタルデータの場合は機器そのものが壊れるとデータも消えてしまうことも珍しくありません。

 

デジタル遺品とは

 

契約が解除できないままになる

故人の契約していた公共料金や新聞などを解約することはしても、ネット上の有料サービスにまではなかなか気が回りませんし、第一すべてを把握することができるとは限りません。

ネット上であれ、月々料金が発生するような契約を解除しないままにしておけば、当然そのまま継続されて料金が引き落とされることになります。

資産の存在に気付けないままになる

店舗のある銀行よりも経費を抑えることのできるネット銀行は、利回りが良いことで利用者が増えています。

ネット銀行とはいえ書面での連絡も時折送ってきますので、そういったものが発見できれば、口座の存在の推測は可能です。

ただ、そういった手がかりも発見されないうえ、ネット上の金融資産の存在を疑う人が誰もいなければそのまま休眠口座となってしまうことも。

知られたくない内容が世に出る

今後、インターネット上の匿名性は大きく揺らぐといわれています。

例えば、故人がネットの匿名性を利用して他を誹謗中傷するような書き込みをしたり、リアルの知り合いにはとても見せられないような投稿や作品発表をしていたとします。

今後は、これらが誰から発信されたのかが特定されてしまうこともありえます。

自分が遺したものと考えても、遺された家族の立場として考えても、避けたいことです。

 

デジタル遺品とは

 

デジタル遺品の今後

スマートフォンの普及でさらに加速していくデジタル遺品問題への対策は、今後各方面で進んでいくことは間違いありませんが、個人レベルで規制や救済策を待つまでもなく自衛していくことが必要です。

いま遺品整理を控えている人は、故人の遺したデジタル機器の扱いにには十分注意しましょう。

今の時代、デジタル遺品とは何か、どう対処していくべきか、はすべての人にとっての問題です。