実家を空き家にしておくことのデメリットについて考えてみます。

田舎に住んでいると空き家がやたらと目につく・・と思ったら、東京でも空き家が増えているそうですね。

ただ、空き家の増えているスピードには追いつかないものの、活用させようという取り組みもあちこちで起きています。

家を空き家にしておくことの問題点についてまとめました。

空き家の定義

ここでいう空き家とは、賃貸などで現在借り手がいないとか、売り出しているけれど買い手がつかないとか、そういった家のことではありません。

「誰も住んでいないし、誰も住む予定がない家」

が空き家ですが、空き家とみなす具体的な期間はありません。

ですが、だいたい一年以上居住実績がなく、電気・水道を契約していなければ空き家とみなされるようになってきています。

 

空き家 デメリット

 

空き家の何が問題・デメリットか

都市部で生活する子世代が実家のある地方にはもう戻らない時代。

「長男が家を継ぐ」という家族のありかたが少なくなってきている昨今の日本では、親が住んでいた家を利用する身内もなく、手つかずのまま空き家になっている家が数多く存在しています。

そのうち、周辺の住民にとって困った存在になるのが「問題空き家」「放置空き家」と呼ばれる空き家です。

なにがそんなに問題なのかをあげてみると、

  • 地震や台風で倒壊すると危険
    人が住まない家は急激に劣化が進むので、あっという間にもろくなっていきます。
    傷みがひどくなってくると瓦が落ちることもあります。
    通学路に面していたりすると、子供に危険が及ぶことも。
  • 庭木や雑草が荒れて、枯葉や枝が散乱する、虫が多くなる
  • 家の中にも虫、ネズミなどが増えたり、動物が出入りして糞尿で悪臭がするようになる
  • 放火のターゲットにされやすい
  • 不審者が出入りすることもある
  • 景観を損ねて見苦しい

などがあります。

 

やはり一番深刻なのは危険性ですね。

人を傷つけるのが一番起きて欲しくないことですが、その他にも近隣の家屋や財産に損害を与えて裁判沙汰、などということもあります。

そこまではいかないとしても、市役所から空き家の件で連絡がくると考えただけでも頭が痛い問題です。

 

空き家 デメリット

 

「どうしていいかわからない」

実は私の隣の家もこのような放置空き家でした。

夏はツタカズラが青々と生いしげり、その葉が家の周りを埋め尽くすほどになって緑色の家になっていました。
夏はまだそのツタのおかげで家が支えられていましたが、冬になるとツタは全て枯れ、見るも無残な茶色のボロボロの傾いた家に。

時々瓦が道路にも落ちるようになった頃、市役所の方がやってきて応急処置として屋根にネットをかけていきました。

「震度4がきたら崩れるね」
と、半分本気で子供と話したことを覚えています。

空き家 デメリット

噂によるとこの家の持ち主の方はそれほど遠くないところに住んでいて、市役所から再三、空き家についての指導があったと聞いています。

穏やかなおじいさんだったそうですが、「もういらない家だけれど、とり壊すお金もない。どうしていいかわからない」と言っていたそうです。

そのうち、見るに見かねた近所の方がこの土地を地権者から買い取って家を壊し、いまでは駐車場になっています。

「先祖代々の家なので、売るのはできない」
「身内が売るのを許さない」
という事情で空き家になっている家もありますが、

このように、問題・デメリットがあることはわかっているけれど、どうしてよいかわからないために空き家のままになっている家も多いのでしょう。